December 11, 2019 / 12:34 AM / 8 months ago

量子コンピューターのディーウェーブ、NECが出資・ソフト共同開発へ

 カナダの量子コンピューター企業ディーウェーブシステムズは、資金調達ラウンドでNECから出資を受けるほか、ソフトウエアの開発でも同社と提携する。ダン・コールスCFOがロイターに明らかにした。写真はNECのロゴ。バルセロナで2018年2月撮影(2019年 ロイター/Sergio Perez)

[サンフランシスコ/東京 10日 ロイター] - カナダの量子コンピューター企業ディーウェーブシステムズは、資金調達ラウンドでNEC(6701.T)から出資を受けるほか、ソフトウエアの開発でも同社と提携する。ダン・コールス最高財務責任者(CFO)が10日、ロイターに明らかにした。

来年1月に終了する見通しの資金調達ラウンドで、NECは1000万ドルの出資を確約しているという。CFOは、ディーウェーブの調達額や評価額の目標には言及しなかったが、一部の既存投資家が参加を表明していると語った。

既存の投資家には、米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が個人で設立した投資ファンド「ベゾス・エクスペディションズ」や、米中央情報局(CIA)のベンチャーキャピタル「インキューテル」、米フィデリティ・インベストメンツ、ゴールドマン・サックス(GS.N)などが含まれる。

資金調達完了後には、NECと提携し、NECのスーパーコンピューターとディーウェーブの量子コンピューターの両方で機能するソフトの開発を目指すという。

NECの広報担当者は、提携に関してディーウェーブと協議していることを確認した。出資については一定の条件があると付け加えた。

ディーウェーブのコールスCFOは、日本では豊田通商や野村証券、一部の大学などがすでに同社の顧客であり、NECとの取引は日本での事業拡大に寄与するとの見方を示した。

米国では軍事用航空機メーカー大手ロッキード・マーチン(LMT.N)やロスアラモス国立研究所、航空宇宙局(NASA)のエイムズ研究センターを顧客に持つという。

研究者らの間では、原子よりも小さい量子の動きを利用する量子コンピューターが、現在の高性能スーパーコンピューターの数百万倍の処理速度を備え、複雑な分子構造の解析やAI(人工知能)技術の向上などを可能にすると期待されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below