for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米イーベイ、第2四半期業績が予想上回る 高級路線が奏功

[3日 ロイター] - 米電子商取引(EC)大手・イーベイが3日発表した第2・四半期決算は売上高と利益が市場予想を上回った。高級品を重点的に扱う戦略が奏功し、個人消費の減速や欧州の一部市場の低迷による影響を一部相殺した。

 米電子商取引(EC)大手・イーベイが3日発表した第2・四半期決算は売上高と利益が市場予想を上回った。また、通期売上高見通しを維持した。写真はイメージ。ニューヨークで2019年7月撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

第3・四半期は減収の見通しを示したが、市場予想は上回った。通年の売上高見通しは96億─99億ドルに維持した。

ウォルマートやターゲットなど小売大手は、ガソリンや食品など必需品の価格上昇に直面する消費者が節約し、裁量支出が低迷していると警告していた。

ただ、高額なコレクター向けグッズやスニーカー、時計は愛好家による購入が増え、イーベイの業績に寄与した。

ジェイミー・イアンノーネ最高経営責任者(CEO)は電話会見で「われわれの重点カテゴリーは世界的にかなり好調さが際立った」と述べた。

第3・四半期の売上高は22億9000万─23億7000万ドルになる見通しとした。市場予想の23億ドルを上回った。

ただ、通年の流通取引総額(GMV)の見通しは従来の732億─752億ドルから727億─747億ドルに引き下げた。

引け後の時間外取引で株価は一時5%高となったが、その後に上げ幅を縮小した。

第2・四半期の売上高は24億2000万ドルで前年比9%減少したが、リフィニティブがまとめたアナリスト予想の23億7000万ドルを上回った。

特別項目を除いた1株利益は0.99ドルで、アナリスト予想の0.89ドルを上回った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up