for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米イーベイ、第2四半期業績が予想上回る 個人消費鈍化乗り切る

[3日 ロイター] - 米電子商取引(EC)大手・イーベイが3日発表した第2・四半期決算は売上高と利益が市場予想を上回った。また、通期売上高見通しを維持した。

決算を受け株価は4%上昇。個人消費鈍化を巡る懸念が幾分後退した。

実店舗を持つ小売大手・ウォルマートやターゲットは、燃料や食品など必需品の価格上昇に直面する消費者が裁量支出を抑制していると警告していた。

イーベイのジェイミー・イアンノーネ最高経営責任者(CEO)は「われわれのカテゴリー戦略はうまく機能しており、決済と広告がさらなる成長の原動力となっている」と述べた。

売上高は24億2000万ドルで前年比9%減少したが、リフィニティブがまとめたアナリスト予想の23億7000万ドルを上回った。

特別項目を除いた1株利益は0.99ドルで、アナリスト予想の0.89ドルを上回った。

第3・四半期の売上高は22億9000万─23億7000万ドルになる見通しとした。こちらも市場予想の23億ドルを上回った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up