Reuters logo
エボラ熱流行国の安定危うい、迅速な対応必要=米疾病センター長
September 2, 2014 / 9:33 PM / 3 years ago

エボラ熱流行国の安定危うい、迅速な対応必要=米疾病センター長

[シカゴ 2日 ロイター] - 米疾病予防管理センター(CDC)のトーマス・フリーデン所長は2日、エボラ出血熱が流行している西アフリカの国々やその近隣諸国で安定性が脅かされているとの認識を示した。

 9月2日、米疾病予防管理センター(CDC)のトーマス・フリーデン所長は、エボラ出血熱が流行している西アフリカの国々やその近隣諸国で安定性が脅かされているとの認識を示した。リベリアで8月撮影(2014年 ロイター)

所長は記者団との電話会議で「エボラ熱の感染症例が今後急増する公算が大きい」と指摘。「われわれはすでにエボラ熱をとめる方法を知っており、感染を食い止めるための行動を拡大していくことが求められている」と述べ、各国政府に迅速な対応を要請した。

ワクチンや治療法の開発は歓迎するとしながらも、開発には時間がかかるため、現在の流行を抑えることはできないとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below