September 19, 2014 / 5:03 AM / 4 years ago

国連、エボラ感染地域に特別チームを派遣へ

 9月18日、国連は、西アフリカで感染が拡大するエボラ出血熱対策として、被害が最も大きい地域に特別チームを派遣すると表明。写真は安全保障理事会の議場(2014年 ロイター/Shannon Stapleton)

[国連 18日 ロイター] - 国連は、西アフリカで感染が拡大するエボラ出血熱対策として、被害が最も大きいリベリア、ギニア、シエラレオネに特別チームを派遣すると表明した。

国連安全保障理事会は18日に緊急会合を開き、エボラ流行を「国際平和と安全に対する脅威」とする決議案を採択した。

潘基文・国連事務総長は、「国連エボラ緊急対応ミッション」(UNMEER)を統括する特使を任命すると述べた。 UNMEERは、人、物、資金の「迅速かつ大規模な移動」の推進にあたるという。

潘事務総長は安保理で「このミッションには、エボラ流行の阻止、感染者の治療、必要なサービスの保障、安定の維持、新たな流行の防止という5つの優先任務がある」と説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below