August 12, 2014 / 11:18 AM / 4 years ago

エボラ熱感染のスペイン人神父、マドリードの病院で死亡

 8月12日、西アフリカのリベリアで宣教活動中にエボラ出血熱に感染し、スペインに帰国して治療を受けていたカトリック神父のミゲル・パハレス氏が、マドリードの病院で死亡したことが明らかに。写真は同氏が帰国した際の様子。7日撮影。提供写真(2014年 ロイター/Ministry of Defence)

[マドリード 12日 ロイター] - 西アフリカのリベリアで宣教活動中にエボラ出血熱に感染し、スペインに帰国して治療を受けていたカトリック神父のミゲル・パハレス氏(75)が、マドリードの病院で死亡した。同市の保健当局報道官が12日、明らかにした。アフリカ以外の場所で死者が出るのは初めて。

同報道官はパハレス氏がいつ亡くなったかには言及しなかった。

パハレス神父はリベリアの首都モンロビアでエボラ熱に感染。今月7日に帰国し、マドリード市内の病院で治療を受けていた。

保険省によると、神父は米医薬品メーカー、マップ・バイオファーマシューティカルの未承認薬「ジーマップ」を投与されていた。同薬剤は、米国人患者2人にも投与され、病状の改善が報告されていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below