October 30, 2018 / 7:20 PM / 18 days ago

世界的な銀行改革は停滞、新たな危機の火種の恐れ=ECB専務理事

[フランクフルト 30日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラウテンシュレーガー専務理事は30日、世界的な銀行改革の動きが現在停滞しているように見えるとし、新たな危機の火種となる恐れがあるとの考えを示した。

専務理事は講演で「危機の最中にある時は厳格な規則の必要性について誰もが賛同するが、事態が改善し始めた途端に規則は銀行事業や経済成長を阻害するものと見なされるようになる」と指摘。

「その結果、規則が緩和される。経済は成長するが、こうした成長は長期的に持続不可能なため、次の危機の種がまかれることになる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below