Reuters logo
ECB、500ユーロ紙幣の廃止を検討=ドラギ総裁
February 15, 2016 / 7:57 PM / 2 years ago

ECB、500ユーロ紙幣の廃止を検討=ドラギ総裁

[フランクフルト 15日 ロイター] - ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は、500ユーロ紙幣の廃止を検討していることを明らかにした。数百億ユーロが現金として手元に置かれているほか、犯罪に使われるケースが多いためとしている。欧州議会での証言で述べた。

2月15日、ECBのドラギ総裁は欧州議会での証言で、500ユーロ紙幣の廃止を検討していることを明らかにした。数百億ユーロが現金として手元に置かれているほか、犯罪に使われるケースが多いためとしている。写真は2013年7月、ウィーンで(2016年 ロイター/Leonhard Foeger)

罰則は科せられないとし、人々は代わりに200ユーロ紙幣を手元に置いておくことができると述べた。

また、500ユーロ紙幣は違法な活動に悪用されているとの見方が強まっているとし、現金を減らすこととは関係ないとした。

ユーロ圏内の現金は昨年、計1兆ユーロ(1兆1000億ドル)超に増加、そのうち約30%を500ユーロ紙幣が占めた。銀行をめぐる懸念のほか、低金利への不満が背景にある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below