February 18, 2019 / 4:40 PM / 3 months ago

伊銀カリジェ、ECB指名経営陣に女性含むべきだった=監督委トップ

[フランクフルト 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の「単一監督メカニズム」(SSM)銀行監督委員会トップのアンドレア・エンリア氏は18日、欧州中央銀行(ECB)が経営難に陥っているイタリア中堅銀行バンカ・カリジェの経営陣を年初に入れ替えたことについて、「より男女のバランスが取れた陣営」にすべきだったと述べた。

エンリア氏は今年1月に就任。SSMは同月2日、カリジェの救済に向け3人の暫定的な管財人を指名。留任したモディアーノ会長などを含め、6人全員が男性だった。

エンリア氏は欧州議会議員への書簡で、暫定経営陣が適切かつ効果的に業務を遂行することが重要としながらも、「より男女のバランスが取れた経営陣が好ましいという見解を共有する」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below