Reuters logo
銀行の不良債権処理、適度な時間与えるべき=イタリア経済相
2017年4月10日 / 00:04 / 7ヶ月前

銀行の不良債権処理、適度な時間与えるべき=イタリア経済相

[バレッタ(マルタ) 8日 ロイター] - イタリアのパドアン経済・財務相は8日、銀行は不良債権処理に「適度な」時間をかけることを認められるべきだとの考えを示した。マルタで開催されたユーロ圏財務相会合の後の会見に応じた。

欧州中央銀行(ECB)は不良債権比率の高い域内銀行に対し売却処理を要請している。2008年の金融危機以来、欧州全体では1兆ユーロ(1兆ドル)以上積み上がっており、この4分の1を保有するとされるイタリアの銀行に早期対応へ向けた圧力がかかっているのが現状だ。

パドアン氏は会見で、域内銀行は不良債権処理の速度を上げるべきだとのECBの方針には合意するとしつつ、より高い価格での売却や債権回収が可能になるよう銀行には時間を与えるべきで、急ぎすぎてはならないと主張。「銀行に急速な処理を強いてはならない。同じ銀行システムに属する他の金融機関を巻き込んだ問題である場合、不安定要素となる恐れがあるからだ」と述べた。

伊銀大手モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)の公的支援計画については、欧州連合(EU)当局との早期合意に対し「適度に楽観視」していると話した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below