January 25, 2019 / 4:16 PM / 6 months ago

ユーロ圏銀行の不良債権、18年第3四半期に300億ユーロ減少=ECB

[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデータによると、ユーロ圏の銀行が抱える不良債権は2018年第3・四半期に約300億ユーロ(339億7000万ドル)減少した。

ECBは、域内銀行に、先のリセッションから引き継いだ不良債権を処理してバランスシートを健全化するよう求めていた。

ユーロ圏の107銀行の不良債権は18年第3・四半期末時点で6277億ユーロで、第2・四半期末の6571億5000万ユーロから減少。不良債権比率は4.40%から4.17%に低下した。

キプロス、イタリア、ギリシャ、ポルトガル、スペイン、ドイツで大幅に減少した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below