for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU内銀行の不良債権、ECB最悪シナリオは回避へ=監督委員

欧州中央銀行(ECB)単一監督委員会のマコール委員は、新型コロナウイルス流行期の終了時点で欧州連合(EU)域内銀行の不良債権が1兆4000億ユーロ(1兆7000億ドル)に達するというECBの最悪シナリオについて、「起きる可能性は低い」と述べた。16日付のイタリア紙イル・ソーレ・24・オーレが伝えた。写真はドイツ・フランクフルトの欧州中銀本部。1月撮影。(2021年 ロイター/Kai Pfaffenbach )

[ローマ 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)単一監督委員会のマコール委員は、新型コロナウイルス流行期の終了時点で欧州連合(EU)域内銀行の不良債権が1兆4000億ユーロ(1兆7000億ドル)に達するというECBの最悪シナリオについて、「起きる可能性は低い」と述べた。16日付のイタリア紙イル・ソーレ・24・オーレが伝えた。

同紙によると、マコール委員はまた、イタリアの銀行について、不良債権削減の面で「大変な」進展を見せたと語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up