Reuters logo
ECBがストレステスト実施、急激な金利変動の影響見極めへ
2017年2月28日 / 17:30 / 9ヶ月後

ECBがストレステスト実施、急激な金利変動の影響見極めへ

[フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は28日、ユーロ圏大手銀行に対するストレステスト(健全性審査)を実施し、急激な金利変動に対する銀行の耐性を見極める考えを示した。

金融危機以降のECBの超低金利、マイナス金利政策で利益率が低下している域内銀行は小幅なリターンに対し一段のリスクを負う傾向が出ており、将来の金融引き締め局面で上手く対処できるか懸念が強まっている。

ECBによると、ストレステストでは現在から7月まで期間で金利変動のさまざまなシナリオを想定。「銀行の資産や負債、純金利収入が金利の変化によりどのような影響を受けるのかを判断する」としている。

全般的な資本の要件やガイダンスは、他の条件が一定であれば変更されない見通しとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below