June 4, 2018 / 6:46 PM / 5 months ago

ECBの伊国債買い入れ、5月は基準以下 政局巡る憶測は否定

[フランクフルト 4日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が4日発表したデータによると、5月のイタリア政府債の買い入れ額が鈍化した。ユーロ懐疑派の政権誕生の懸念から、投資家らも5月はイタリア国債の保有を減らしていた。

ECBが量的緩和(QE)プログラムに基づいて先月買い入れたイタリア国債は36億ユーロ(42億2000万ドル)。フランス国債は42億ユーロ。ロイターの試算によると、それぞれ基準より約8%少ない。

ECBはこれについて、4月に満期を迎えたドイツ国債が多かったため、その買い入れを増やす必要があったと説明。イタリア新政権の組閣に影響を与えるため、意図的に国債買い入れ額を減らしたとの憶測に対して、ECB報道官は「再投資のタイミングに関する合意・伝達されたルールの結果」だと述べた。

5月のドイツ国債買い入れ額は69億ユーロ。前月4月は過去最低の買い入れ額となっていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below