for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

コラム:中銀デジタル通貨、ECBが米国以上に準備を急ぐ理由

[ロンドン 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 欧州中央銀行(ECB)が、魅力を秘めた世界に足を踏み入れようとしている。ラガルド総裁は14日、独自の中銀デジタル通貨(CBDC)「デジタルユーロ」の発行に向けて2年間の調査を開始すると発表した。ECBは十分に注意しながらも、米連邦準備理事会(FRB)を追い越してCBDCを導入すべき理由がある。

 7月14日、 欧州中央銀行(ECB)が、魅力を秘めた世界に足を踏み入れようとしている。独フランクフルトのECB本部前で2017年11月撮影(2021年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

ECBもFRBも、中国人民銀行(中央銀行)に追い付こうと考えているわけではない。人民銀は既に深センや上海など主要都市でCBDC「デジタル人民元」の試験運用を行っている。

しかし新型コロナウイルスの世界的流行により、物理的な現金は終焉への動きが加速している。ECBが昨年公表したユーロ圏市民を対象にした調査によると、10人のうち9人近くがコロナ禍後の現金での支払いについて「絶対に減る」もしくは「減りそうだ」と回答した。

<市中銀行の役割損なう懸念>

ラガルド氏らECB理事にとっての主な問題は、デジタルユーロによって市中銀行の預金が減り過ぎるかどうかだろう。銀行の預金は家計や企業への与信を仲介する重要な役割を担っている。

UBSが中銀の準備預金担当者を対象に実施した調査によると、最も多く挙げられたのはデジタル通貨によって銀行が仲介機能を果たさなくなり、金融の安定が損なわれるリスクだった。そうなれば、特に欧州で経済にマイナスの影響が及ぶ。モルガン・スタンレーのエコノミストチームによると、欧州の銀行は企業の資金需要の4分の3を担っている。一方、米国では、企業は資金需要の4分の3を資本市場で調達している。

<金融緩和、市民への浸透高める効果>

しかしこうした問題には回避する手立てがある。例えば家計が保有できるデジタルユーロに上限を設けるのは一案だ。それにこの10年間、FRB以上に物価目標の達成に苦労してきたECBにとっては大きなメリットがあるかもしれない。

デジタルユーロであれば、中銀が家計に直接マイナス金利を課せるような設計が可能だ。金融緩和効果の波及を市中銀行に依存せずに済むようになる。こうした手法で政策の実効性は大いに高まるだろう。ECBは現在、市中銀行が中銀に保有する当座預金にマイナス0.5%の金利を設定している。しかし市中銀行は極めて大口の顧客を除き、マイナス金利を顧客にほとんど転嫁していない。

しかも市民の間でデジタルウォレットが普及すれば、政府は景気悪化の際に経済を活性化するため、資金を直接振り込むことが可能になる。ユーロ圏は米国よりも低成長とディスインフレが大きな問題であることを考えると、ECBの方がデジタル通貨導入に向けて大きく踏み出すべき理由は多い。 

●背景となるニュース

*欧州中央銀行(ECB)は14日、ECBのデジタル通貨「デジタルユーロ」導入につながる可能性がある準備作業にゴーサインを出した。2年間の調査期間を設け、設計や流通に関する主要な問題に取り組むとの目標を掲げたが、これによって将来発行するかどうかが決まったわけではないとした。また、デジタルユーロは現金に置き換わるのではなく、補完するものになると説明した。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up