April 18, 2018 / 4:33 PM / a month ago

ECB総裁、G30メンバー残留決断 資格返上勧告退ける

[フランクフルト 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、主要国中銀元関係者や銀行幹部らが非公開で集まるグループ・オブ・サーティー(G30)のメンバーにとどまることを決断した。

欧州オンブズマンのエミリー・オライリー氏が、銀行監督当局としてのECBの独立性が脅かされる恐れがあるという「社会認識」に対処するため、ドラギ氏にメンバー資格の返上を勧告していた。

ECBは18日、G30での話し合いは景気・金融動向の把握に役立つと指摘し、勧告を退けた。

「総裁のメンバー資格はECBの独立性や評判、組織の整合性と完全に合致し、最も重要な点は利益相反を伴わないと認識し続けている」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below