May 15, 2019 / 3:32 PM / 9 days ago

ユーロ圏経済成長、世界要因がなお重し=ECB専務理事

[フランクフルト 15日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は15日、ユーロ圏内で見られている向かい風の一部は弱まりつつあるものの、世界的な要因がなおユーロ圏経済成長の重しになっているとの認識を示した。

クーレ専務理事は仏議会の金融委員会で「地政学要因、保護主義の脅威、新興市場の脆弱性に起因する不確実性が根強く存在していることで、経済的な心理に影響が及んでいる」と指摘。インフレ率を目標に受けて引き上げるために、ECBには必要に応じてあらゆる政策ツールを調整する用意があるとの見解を改めて表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below