April 20, 2018 / 3:11 PM / 5 months ago

ECB、潤沢な刺激策を提供し続ける必要=IMF欧州局長

[ワシントン 20日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のポール・トムセン欧州局長は20日、欧州経済が過熱する深刻な兆候は出ていないとし、欧州中央銀行(ECB)は潤沢な刺激策を提供し続ける必要があるとの考えを示した。

IMF・世銀春季総会に出席中の同局長は記者会見で、「一部例外もあるが、欧州の大部分ではインフレ率は目標を大きく下回っている」とし、「これを踏まえ、われわれはとりわけECBによる非常に緩和的な金融政策を支持している」と述べた。

その上で「欧州の新興国では、インフレ圧力は目標を下回っているものの幾分強含んでいる。このことは景気循環上のポジションがやや進んでいる可能性があることを示唆している」とし、「これは欧州の一部新興国では、欧州の先進国より速いペースで、もしくは早い段階に(金融政策が)正常化される必要があることを示している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below