for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB0.75%利上げ:識者はこうみる

[ロンドン 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は8日の理事会で政策金利を0.75%引き上げた。エネルギー危機を受けてリセッション(景気後退)の可能性が高まっているにもかかわらず過去最大の利上げに踏み切ると同時に追加利上げを示唆し、インフレとの戦いを優先させる姿勢を鮮明にした。

欧州中央銀行(ECB)は8日の理事会で政策金利を0.75%引き上げた。エネルギー危機を受けてリセッション(景気後退)の可能性が高まっているにもかかわらず過去最大の利上げに踏み切ると同時に追加利上げを示唆し、インフレとの戦いを優先させる姿勢を鮮明にした。(2022年 ロイター/Michael Probst/Pool via REUTERS)

市場関係者の見方は以下の通り。

●物価押し下げに専念へ

<INGのマクロ担当グローバルヘッド、カルステン・ブルゼスキ氏>

きょうの決定で、欧州中央銀行(ECB)がインフレの目標設定や予想に見切りをつけ、実際のインフレ抑制に注力する中央銀行グループに加わったことが明確になった。確信に基づく新たな戦略というより、代替選択肢を欠いた状況での戦略だ。(外部の)供給側の要因が押し上げている物価を金融政策でどうやって抑えるのか、まだ分からない。

●ソブリン債危機リスクが増大

<キルター・インベスターズのポートフォリオ・マネジャー、ヒネシュ・パテル氏>

金利をさらに引き上げるというECB理事会の決定は、ソブリン債務の持続可能性リスク増大を招く。より重要なのは、ソブリン債務危機再来リスクの軽減に向けた情報が残念ながら不足している点だ。

政策金利の引き上げは、金融機関や低金利に苦しんできた貯蓄者にとっては歓迎すべきだが、ロシアによるウクライナ侵攻で悪化したエネルギー危機を解決することはできない。

●ECB0.75%利上げこうみる:他の中銀にキャッチアップ

<AJベルの投資調査ディレクター、ラス・モールド氏>

今週は世界各国の中銀が利上げを決定した。今年に入り世界的な利上げ回数は約247回に達する。ECBは出遅れており、今回の0.75%ポイントの利上げで世界各国の中銀にキャッチアップしようとしている。

利上げがどの水準で終わるかについて市場は答えを探っている。中銀はこれまでインフレは一過性との見方を示し、誤った方向に時間を費やしてきたが、足元で方針を転換した。ある段階で、中銀は行き過ぎるかもしれない。何かが崩壊するまで中銀がまた方針を変更しないことが懸念される。

*内容を追加しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up