Reuters logo
ECBの債券買い入れ、再延長ないことを望む=クーレ専務理事
2017年10月29日 / 21:54 / 23日前

ECBの債券買い入れ、再延長ないことを望む=クーレ専務理事

[フランクフルト 29日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は、債券買い入れの期限が2018年9月以降に延長されないことを望むと述べた。仏週刊紙「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」が報じた。

 10月29日、仏週刊紙「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」が報じたところによると、欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事(写真)は、債券買い入れの期限が2018年9月以降に延長されないことを望むと述べた。フランクフルトで5月撮影(2017年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

クーレ氏は量的緩和の担当理事。2%をやや下回る目標水準に向けてインフレ率が「はっきりと動く」まで、債券買い入れは続くと述べた。

ECBは26日、再延長の選択肢も残した上で、債券買い入れを縮小し、来年9月まで延長することを発表した。

クーレ氏は、26日の決定が繰り返されないことを望むとした上で、「資産買い入れはインフレ率が明確に2%に向かうまで続く。この水準は景気回復の底堅さと加速を考慮に入れており、これが最後の延長であることを望む」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below