for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、保有債券に損失発生しても破綻せず=ラガルド総裁

 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁(写真)は11月19日、ECBは買い入れた債券に万一損失が生じても「破綻したり資金が尽きたりすることはない」と言明した。写真は3月の理事会後の会見(2020年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は19日、ECBは買い入れた債券に万一損失が生じても「破綻したり資金が尽きたりすることはない」と言明した。

欧州議会で質問に答え「ユーロシステムは通貨ユーロの唯一の発行体として、必要に応じて追加の流動性を生み出すことができる」と説明した。

「従って定義上、ユーロシステムは破綻したり資金が尽きたりすることはない。また仮に金融損失が発生したとしても、物価安定を維持する能力が損なわれることはない」と強調した。

ラガルド氏はECBが保有する政府債務を帳消しにする法的根拠はないと指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up