for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、損失引当金を上限まで積み増し コロナ対応買い入れ債券

欧州中央銀行(ECB)が昨年、新型コロナウイルスのパンデミック以降に買い入れた債券について、損失発生に備えて上限いっぱい引当金を積んだことが、17日に公表した年次報告で明らかになった。2020年1月、フランクフルトで撮影(2022 年 ロイター/Ralph Orlowski/File Photo)

[フランクフルト 17日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が昨年、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以降に買い入れた債券について、損失発生に備えて上限いっぱい引当金を積んだことが、17日に公表した年次報告で明らかになった。

保有債券は総額4454億ユーロ。損失引当金を6億1000万ユーロ積み増し、規定の上限の82億ユーロとした。

ECBは「想定リスクの上昇は2020年以降のトレンドとして続いており、ECBの金融政策ポートフォリオの拡大を反映している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up