August 8, 2019 / 8:36 AM / 2 months ago

長引く不透明感がユーロ圏成長見通しを圧迫=ECB

[フランクフルト 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は8日発表した経済報告で、長引く不透明感により製造業を中心にユーロ圏の成長見通しが悪化していると指摘した。貿易問題を巡る緊張が高まり、英国が合意なく欧州連合(EU)を離脱するリスクが依然としてあることから、ユーロ圏の成長率は第2・四半期と第3・四半期に鈍化するとの見解を示し、7月の理事会後に発表した政策声明の内容を概ね踏襲した。

不確実性の広がりや製造業不況で成長見通しが悪化する中、ECBは7月の理事会後、今後数カ月内に追加の刺激措置を講じると事実上約束した。

経済報告は、最近の経済指標や調査からは、引き続き雇用の拡大が示されていると指摘。雇用拡大が家計所得と個人消費を支え、貿易不振の打撃を和らげるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below