July 4, 2018 / 10:28 AM / 12 days ago

ECB、債券再投資で既存の規定に従うべき=独連銀理事

[フランクフルト 4日 ロイター] - ドイツ連邦銀行(中央銀行)のビュルメリング理事は、欧州中央銀行(ECB)は来年膨大な保有国債のロールオーバーを開始する際に既存の規定に従うべきと主張した。経済紙のBoersen-Zeitungがインタビューを掲載した。

ECBは量的緩和措置としての新規の債券購入を今年末で打ち切る予定。

同理事は、加盟国の経済規模に応じて債券を買い入れる「キャピタルキー」規定から外れる提案に異議を唱え、「再投資は市場に中立であるべきで、ゆがみを生むものであってはならない。キャピタルキー規定を尊重すべきだ」とくぎを刺した。

ドイツはECBによる国債買い入れの恩恵を受けてきた経緯があり、イタリアなど債務の大きな国を利するような変更に反対している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below