for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB総裁、社債購入ルール見直し表明 気候変動リスク考慮

欧州中央銀行のラガルド総裁は14日、市場が気候変動リスクの反映に「失敗」しているとして、発行残高に応じて社債を購入することをECBに義務付けたルールを見直す考えを示した。9月11日、ベルリンでの代表撮影。(2020年 ロイター)

[フランクフルト 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は14日、市場が気候変動リスクの反映に「失敗」しているとして、発行残高に応じて社債を購入することをECBに義務付けたルールを見直す考えを示した。

ラガルド氏は国連のイベントで「私が市場の失敗とみなす状況を踏まえて、ECBの資産買い入れプログラムを推進する際の原則が市場の中立性であるべきか自問する必要がある」と述べた。

「もはやそうではないと判断しているわけではないが、この疑問は正当なもので、ECBの戦略見直しの一環として行う」と説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up