April 12, 2018 / 4:32 PM / 7 months ago

金融引き締めと景気下支えの両立は可能=クーレECB専務理事

[フランクフルト 12日 ロイター] - クーレ欧州中央銀行(ECB)専務理事は12日、ユーロ圏経済は当初の認識よりも良好に推移している可能性があると述べ、金融引き締めと景気下支えの両立は可能との考えを示唆した。

中立金利は現在の見立てよりも高い可能性があると指摘した。実際に確認されれば、足元の金融緩和の度合いは予想以上に潤沢であることになり、ECBは引き締めを行いつつ、インフレ率の押し上げが可能となる。

理事は「これで現行の措置がなぜ景気刺激にこれほど効果的であったかを説明できる。つまり金融政策は大方の見方以上に拡張的だった可能性がある」とした上で、「中立金利が想定以上に高いことが将来的に確認されれば、経済の拡大継続に合わせて、金融政策の再調整が可能となる。その一方で、インフレ率が目標に向かって持続的に収れんするのに必要な金融緩和スタンスは引き続き供与していく」と語った。

また「潜在成長率が思ったほど落ちていないとすれば、金融緩和供与の度合いの目安となる中立金利は一般的な推測値よりも高い可能性がある」と指摘。同時にECBの政策スタンスは適切であり、金利は長期にわたり現行水準にとどまると強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below