October 26, 2018 / 6:38 PM / 23 days ago

非伝統的政策、問題発生なら新たな手段必要に=ECB総裁

[フランクフルト 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、各国中銀が金融危機対応策として編み出してきた非伝統的な政策について、将来新たな手段が必要になる可能性を指摘した。

ECBのクーレ専務理事は26日、政策運営方針(フォワードガイダンス)のさらなる変更により、積極的な金融緩和からの出口戦略が円滑に進む可能性があるとの見方を示した。物価の伸びを目標の2%近辺に押し上げるため、大規模な金融刺激が依然必要とも強調した。

ドラギ総裁は講演で「将来直面する可能性のある問題について見通すことはできないが、仮に発生した場合、使命を達成すべく再び政策余地の調整を余儀なくされる恐れもある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below