December 16, 2019 / 4:25 PM / 2 months ago

銀行の利益低迷、ユーロ圏の金融安定リスク=ECB副総裁

[フランクフルト 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は16日、ユーロ圏の景気見通しが安定化しつつあるようにみられるものの、低金利が銀行の利ざやを圧迫し、金融安定リスクを高める可能性があるとの見解を示した。

デギンドス副総裁は「低調な利益率や圧迫されたマージンは、銀行の資金仲介と資本創出能力を脅かす可能性があると同時に、金融安定にリスクを及ぼす」と指摘。「最新の指標は経済活動の安定化を示唆しているものの、マクロ経済見通しの弱含みや不確実性の高まりが存在するとみられる」と述べた。

その上で、ユーロ圏諸国は国内銀行のカウンターシクリカル資本バッファー引き上げを検討すべきとあらためて要請した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below