for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、物価2%目標に集中すべき 利上げ継続する必要=副総裁

欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は2日、インフレ率を中期目標の2%まで低下させることに集中する必要があり、利上げを続ける必要があると述べた。2016年12月撮影(2022年 ロイター/Ralph Orlowski)

[マドリード 2日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は2日、インフレ率を中期目標の2%まで低下させることに集中する必要があり、利上げを続ける必要があると述べた。

デギンドス氏は「インフレ率は減速し始めているが、その減速は安定的でなければならない」と語り、2023年半ばまでインフレ率は7%程度で推移する可能性があるとの見通しを示した。

欧州連合(EU)統計局が11月30日に発表したユーロ圏の11月の消費者物価指数(HICP)速報値は前年比上昇率が10.0%上昇となり、10月の10.6%から鈍化し市場予想(10.4%)を下回った。

これを受けて、域内の物価上昇のピークは過ぎたとの期待が高まった。

しかしデギンドス氏は、ECBは、インフレが減速した後に再び加速する「M字型インフレ」や、2%超の定着は避けるべきだとし、12月理事会で一段の利上げを行うとの見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up