August 27, 2019 / 2:55 PM / a month ago

ECBの金融政策、市場でなく「指標」に左右=デギンドス副総裁

[マンチェスター 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は27日、ECBの金融政策は市場の期待ではなく指標に左右されるという考えを示した。

副総裁は当地での会合で「ECBの金融政策は市場でなく指標に左右される。市場の期待が政策調整に取って代わることはあり得ない」と指摘。その上で金融市場の期待を見越し、その先にあるものを考えることがECBの分析を堅固にすると語った。

ECBは7月の理事会で主要政策金利の据え置きを決定すると同時に、追加利下げや資産購入の再開を検討する方針を表明。ユーロ圏の成長とインフレが軟調となる中、ドラギECB総裁は一段の刺激策を9月にも発表する可能性があると示唆した。7月の理事会以降も経済指標は思わしくないため、ECBが一段の景気刺激策を発表する観測が高まっている。[nL4N25I3ER]

マイナス金利の見通しに関する質問には「今後の動向を見極めたいが、ECBは積極性よりも大きな決断を持って行動する必要がある。低金利の期間が長引くことは火を見るより明らかだ」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below