for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECBは金融政策の「ツールキット」を拡大すべき=副総裁

[14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は14日、ECBは金融政策の効果を維持するために、政策の「ツールキット」を拡大する必要があるとの見解を示した。

同副総裁はBNPパリバ主催の銀行業界の会議で、自身の考えでは、中央銀行は伝統的な金融政策以外の手段も活用しなければならないという意味で「ツールキットをもっと広げる必要がある」と述べた。

ECBは現在、インフレ率は2%弱の水準に維持するための金融政策およびその手段について見直しを進めている。

欧州中央銀行(ECB)は9月12日の理事会で、利下げや量的緩和(QE)の再開など包括的な追加金融緩和策の導入を決定。市中銀行が余剰資金をECBに預け入れる際の適用金利である預金金利を現行のマイナス0.4%からマイナス0.5%に引き下げた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up