for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、インフレ抑制まで利上げ継続=デギンドス副総裁

欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は23日、ユーロ圏経済は景気後退(リセッション)に向かっているものの、インフレ率が中期目標の2%近辺に低下するまでECBは利上げを継続すると述べた。2016年9月撮影(2022年 ロイター/Ralph Orlowski)

[マドリード 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は23日、ユーロ圏経済は景気後退(リセッション)に向かっているものの、インフレ率が中期目標の2%近辺に低下するまでECBは利上げを継続すると述べた。

デギンドス副総裁はマドリードで開催された金融関係のイベントで「ECBのアプローチは変わらない。インフレがECBの物価安定の定義に当てはまる水準に達するまで利上げを継続する」と述べた。

ただ、12月の次回理事会で予想される利上げ幅については詳細を明らかにせず、今後のECB予測や11月のインフレ率に左右されると述べるにとどめた。

インフレ率については、向こう数カ月間は現在の10%近辺にとどまるとし、インフレ圧力の持続性を過小評価すべきではないと指摘。「金融政策対応の決定につがなるため、基調的なインフレの推移のほか、発生する可能性のある波及的な影響を緊密に注視することが極めて重要になる」と語った。

来年の第1・四半期または上半期に物価上昇は鈍化する可能性があるとしながらも、「コアインフレ率は向こう数カ月は上昇する」と予想。経済減速や景気後退だけではインフレ抑制につながらないとし、「今年第4・四半期と来年第1・四半期はマイナス成長に陥る公算が大きい」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up