March 12, 2020 / 2:39 PM / 3 months ago

ECB、成長見通し下方修正 新型コロナ受け現況は反映せず

欧州中央銀行(ECB)は12日、今年と来年の域内総生産(GDP)成長率予想を引き下げた。また、今回の見通しは欧州で新型コロナウイルスの感染が拡大する前に作成されたもので、おそらく現在の状況を反映していないと表明した。フランクフルトのECB本部で昨年7月撮影(2020年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は12日、今年と来年の域内総生産(GDP)成長率予想を引き下げた。また、今回の見通しは欧州で新型コロナウイルスの感染が拡大する前に作成されたもので、おそらく現在の状況を反映していないと表明した。

2020年の成長率は昨年12月時点の1.1%から0.8%に、21年は当初の1.4%から1.3%に引き下げた。22年は1.4%と変わらず。

またインフレ率は20年が1.1%、21年が1.4%、22年が1.6%とし、従来予想を据え置いた。

2020 2021 2022

GDP growth 0.8 (1.1) 1.3 (1.4) 1.4 (1.4)

Inflation 1.1 (1.1) 1.4 (1.4) 1.6 (1.6)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below