for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏経済、勢いを幾分失っている=デギンドスECB副総裁

[フランクフルト 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は12日、ユーロ圏の経済は勢いを幾分失っており、ECBは相応の対応を取る構えだと表明した。12月に公表するマクロ経済予測が将来的な政策措置の主要な指針になるとの見方を示した。

生中継された国際金融協会(IIF)とのインタビューで語った。

副総裁は「高頻度の経済指標は(経済が)勢いを幾分失っていると示している」と指摘。「われわれの政策対応は状況の変化と整合的なものになる」とした。

「12月に新たな予測を示し、新たな予測と照らし合わせて政策パッケージがどの程度適切かを検証することになる。ただ、はっきりとした日程は決まっておらず、検証は継続的に行っている」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up