January 17, 2019 / 5:32 AM / in 3 months

ECB、理事会の行動規範を強化

 1月16日、欧州中央銀行(ECB)は、理事会・監督理事会メンバーの行動規範を大幅に強化したことを明らかにした。写真はECB本部前の看板。フランクフルトで昨年4月に撮影(2019年 ロイター/KAI PFAFFENBACH)

[フランクフルト 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は16日、理事会・監督理事会メンバーの行動規範を大幅に強化したことを明らかにした。

深刻な違反の場合は、けん責処分が下される。行動規範は理事会の全会一致で承認され、1月1日付で発効した。

理事会メンバーは、非公開のイベントで市場に影響する発言をすることを禁じられる。リアルタイムで発言内容が公開される場合や、メディアが取材する場合は除く。

政策決定会合前の1週間は、メディア取材を含め、発言を禁じられる。

保有資産の全面開示は義務づけないが、投資資産については裁量権のあるポートフォリオマネジャーに運用を委ねるよう求めている。

退任後は最大1年間、特定の職に就くことを禁じる。この間は中銀から引き続き報酬が支払われる。

欧州オンブズマンは昨年、ECBのドラギ総裁が、銀行関係者・エコノミスト・政策当局者などで構成する「G30」のメンバーになっていることを批判。ECBの独立性に対する懸念を理由にドラギ総裁にG30からの脱退を求めたが、ドラギ氏は現在もG30のメンバーにとどまっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below