for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB利上げ停止水準は未知数、定期的に見直し=キプロス中銀総裁

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのヘロドトゥ・キプロス中央銀行総裁(写真右)は14日、ECBはインフレ率を目標に戻すために超緩和政策から脱却を早めたが、金利がどこまで上がるかは未知数だと述べた。3月撮影。(2022年 ロイター/Yiannis Kourtoglou)

[ニコシア 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのヘロドトゥ・キプロス中央銀行総裁は14日、ECBはインフレ率を目標に戻すために超緩和政策から脱却を早めたが、金利がどこまで上がるかは未知数だと述べた。

ヘロドトゥ総裁は会見で「先週決定した金利引き上げは、最終的な金利水準に関する既定の結論ではない。今後得られるデータに照らして、定期的に金融政策の方針を見直す必要がある」と述べた。

ECBは7月に0.5%ポイント、9月に0.75%ポイントの利上げを行い、主要金利は2011年以来の高水準にある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up