August 9, 2018 / 10:24 AM / 2 months ago

関税引き上げや保護主義で、世界経済のリスク高まる=ECB

[フランクフルト 9日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は9日に公表した定例の経済報告で、保護主義のリスクや米関税引き上げの可能性が信頼感を損ねており、世界経済成長へのリスクは拡大していると指摘した。

 8月9日、欧州中央銀行(ECB、写真)は定例の経済報告で、保護主義のリスクや米関税引き上げの可能性が信頼感を損ねており、世界経済成長へのリスクは拡大していると指摘した。4月撮影(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

ECBは「米国の関税引き上げを巡る行動や警告、また対象となる国が報復措置を講じる可能性を背景に、世界経済への下方リスクは高まっている」とした。

また、導入の可能性が発表されている措置がすべて実施されれば、米国の平均関税率は過去50年でみられなかった水準に上昇すると指摘した。

このほか、外的リスクは高まっているものの、域内の成長は堅調とみられ、短期的な指標は経済の広範囲で底堅い拡大を示しているとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below