for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

景気刺激策の縮小、段階的に行うべき=デギンドスECB副総裁

[フランクフルト 9日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は9日、ユーロ圏当局が金融・財政刺激策を縮小する際は、経済の回復に合わせて段階的に行うべきとの認識を示した。

同副総裁はオンライン形式で開催されたイベントで「財政・金融支援策の終了は慎重かつ段階的に行わなければならない」と述べた。

一方、景気刺激策を必要以上に長く続けることは、ゾンビ企業を生かし続けることになり、経済の「ゾンビ化」を招く恐れがあると警告した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up