for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、インフレ定着を懸念 追加利上げの必要性強調=議事要旨

欧州中央銀行(ECB)が24日に公表した10月26─27日の理事会の議事要旨で、政策当局者がインフレ定着の可能性を懸念し、追加利上げが必要との見解を示していたことが分かった。写真はラガルド総裁。3月撮影(2022年 ロイター/Daniel Roland)

[フランクフルト 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が24日に公表した10月26─27日の理事会の議事要旨で、政策当局者がインフレ定着の可能性を懸念し、追加利上げが必要との見解を示していたことが分かった。

ECBは10月の理事会で政策金利の0.75%ポイント引き上げを決定。インフレ率を目標水準に回帰させるために追加利上げの見通しを示していた。

議事要旨で「ECBの中期目標である2%を達成する水準に達するには、追加利上げが必要なことも明らか」としたほか、一部の政策当局者は「金融政策スタンスが正常化し、広義の中立領域に移行した後も、おそらく金融引き締めを継続する必要がある」との見解を示した。

0.75%ポイントの利上げは大多数の支持を得たが、「少数の」政策当局者は0.50%ポイントの利上げを支持したという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up