May 29, 2019 / 9:40 AM / 6 months ago

ECB、景気減速長引けば行動する用意=フィンランド中銀総裁

 5月29日、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は、ECBには必要に応じて経済支援につながる金融政策を再び実施する用意があると述べた(2019年 ロイター/Hannah McKay)

[ロンドン 29日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は29日、ECBには必要に応じて経済支援につながる金融政策を再び実施する用意があると述べた。

総裁はロイター・ブレーキングビューズ主催のイベントで、「目下、欧州経済は軟調局面(ソフトパッチ)にある。これが真の軟調局面なのか、それともより長期にわたる景気減速なのかを分析している」と指摘。米中貿易摩擦が信頼感を低下させる一段の要因になっているとした上で「事態が悪化し、リセッション(景気後退)となれば、ECBにはあらゆる手段を講じる準備がある」と述べた。

一方で、ユーロ圏のリセッションは現時点でメインシナリオではなく、ECBの景気刺激策は潤沢であり、依然として適切であるとの見解を示した。

総裁によると、来週のECB理事会ではあらゆる選択肢が協議される見込み。利用可能なものとして金利や保有債券の償還資金再投資、フォワード・ガイダンス、貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)を挙げた。

総裁はまた、ECBの物価安定という使命の変更は望んでいないが、物価安定の定義を検証したいと発言。「私の見解では、2%は上限ではない。インフレ率は上下双方向に逸脱できる」と述べた。

イタリアのサルビーニ副首相(同盟党首)が28日にECBは債券利回りを低水準に抑えるため、国債保証という新たな役割を担うべきとの考えを示したことに対しては、現代の中央銀行の原則として財政ファイナンスは禁じられているとして一蹴した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below