July 31, 2020 / 8:53 AM / 9 days ago

ECB、来年6月まで「セーフティネット」維持する必要=ラガルド総裁

 7月31日、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁(写真)は、ユーロ圏経済を支援するため大規模な債券買い入れの「セーフティネット」を少なくとも2021年6月まで維持しなければならないと述べ、ECBの政策スタンスを再確認した。フランクフルトで3月撮影(2020年 ロイター/KAI PFAFFENBACH)

[フランクフルト 31日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は31日、ユーロ圏経済を支援するため大規模な債券買い入れの「セーフティネット」を少なくとも2021年6月まで維持しなければならないと述べ、ECBの政策スタンスを再確認した。

ラガルド総裁は仏紙Le Courrier Cauchoisに対し「われわれは、少なくとも2021年6月までセーフティネットと非常に魅力的な状況を維持しなければならない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below