February 5, 2019 / 1:39 PM / 2 months ago

ECB関係筋、TLTRO引き続き優先と指摘 伊国債利回り低下

[ロンドン/フランクフルト 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)関係筋は、貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)が引き続き優先事項との認識を示した。ドラギ総裁の退任予定を10月末に控え、次期総裁の手を縛る恐れがあるとして、一部理事会メンバーは金利見通しの変更に消極的という。

銀行向け長期融資などで信頼感を下支えするなどの措置を最初に選択し、見通しがさらに悪化した場合にのみ利上げ予想時期を正式に後にずらす公算があることが、メンバーらの消極姿勢からうかがえる。

仮に見通しが維持されれば、3月に政策指針を変更する可能性は低下すると、同筋は指摘した。

この報道を受け、イタリア国債利回りが5日の取引で低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below