November 22, 2018 / 6:55 PM / 21 days ago

ECB、新TLTRO巡る決定は時期尚早─プラート専務理事=独紙

[フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は、新たな貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)実施を巡る決定は時期尚早との見解を示した。

一部では、イタリアやギリシャなどの銀行がさらされている圧力緩和に向け、ECBが近くTLTROを実施するとの見方が台頭しており、こうした期待をくじく発言となった。

プラート専務理事は、22日掲載された独紙ハンデルスブラットとのインタビューで「現時点で新たなTLTRO実施について決定することは時期尚早」と語った。

直近のTLTROは2020年6月から償還を迎えることから、銀行は来年半ばごろには別の資金源に目を向ける必要が出てくる。

同専務理事は、銀行はこうした状況を認識しており、「用意を整えている」との認識を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below