for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB理事会後のラガルド総裁発言要旨

[フランクフルト 10日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は10日の定例理事会で主要な政策変更を見送った。景気回復が勢いを失い、ユーロ高がインフレ期待を弱めていることから、刺激策を今後拡大するとみられる。

理事会後のラガルド総裁の記者会見での発言は以下の通り。

<PEPP>

パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)については、現在の状況の下、当該政策を展開する目的で全額利用される可能性が高い。

<ユーロ>

ユーロについて話し合ったが、ご存じのようにわれわれは価格を目標としていない。

<下向きリスク>

全体的に、ユーロ圏の成長見通しに対するリスクバランスは引き続き下向きにあると考えられる。この評価は新型コロナウイルス禍による経済・金融面での影響がまだ不確実であることを大きく反映している。

<不確実性の高まり>

経済見通しを巡る不透明感の高まりが、個人消費や企業投資を圧迫し続けている。

<弱い価格圧力>

需要の低迷や労働市場の著しいスラック(緩み)の中で、エネルギー価格の下落と弱い価格圧力により総合インフレ率は抑制されている。

<潤沢な刺激策が必要>

景気回復を支え、中期的な物価安定を確保するため、潤沢な金融刺激策が引き続き必要とされる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up