for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB・ECBトップ、先行きに慎重姿勢 ワクチン進展歓迎も

[フランクフルト/ワシントン 12日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長と欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は12日、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)で良好な結果が出たことを歓迎しながらも、経済の先行きは不透明なままだと強調した。

パウエル氏とラガルド氏は、米ファイザーと独ビオンテックが開発するコロナワクチンが今後の見通しを幾分楽観できる理由になるとしても、経済は依然として厳しい状況にあると指摘。

ラガルド氏は、パウエル氏やイングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁が参加したパネルディスカッションで、「不確実性の大きな川から、今は反対側が見えている」としつつも、「ワクチンの生産と配布についてはまだ不確実性があるため、それほど熱狂したくない」と述べた。

パウエル氏も、治験結果について「好ましく歓迎すべきニュース」と評価する一方、「自信を持って短期的な影響を評価するには早すぎる」と語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up