for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、インフレ懸念認識も来年利上げの公算小=シュナーベル専務理事

[フランクフルト 4日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は4日、ECBは高インフレに関する域内市民の懸念を強く認識しているが、物価上昇圧力が弱まる可能性が高いため、来年に利上げが実施される可能性は極めて低いと述べた。

会議で「高インフレが人々の懸念を高めており、これらの懸念を非常に真剣に受け止めている」と指摘。ただ「不確実性はあるものの、ユーロ圏のインフレ率が来年にかけて目に見えて低下し、中期的にはECBの目標である2%を徐々に下回ると確信できる十分な理由がある。そのため、来年に利上げの条件が満たされる可能性は非常に低い」とした。

また「時期尚早な金融政策の引き締めは経済成長を阻害し、まだ職に就いていない人々を含め雇用に悪影響を及ぼす」とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up