October 25, 2019 / 8:48 AM / 17 days ago

ユーロ圏インフレ・成長予測を下方修正=ECB専門家調査

 10月25日、欧州中央銀行(ECB)が専門家を対象に行った四半期調査では、ユーロ圏のインフレ率と域内総生産(GDP)伸び率の見通しが下方修正された。写真はフランクフルトで5月撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が専門家を対象に行った四半期調査では、ユーロ圏のインフレ率と域内総生産(GDP)伸び率の見通しが下方修正された。

ECBによる先の金融緩和が正当化された形となった。調査は、ECBが政策を検討する際の重要な資料となる。

インフレ率の予測は、2019年が1.3%から1.2%に、2020年が1.4%から1.2%に、2021年が1.5%から1.4%に下方修正された。

長期(2024年)のインフレ率予測は1.7%で、ECBが目標とする「2%を下回るが2%に近い水準」を下回っている。

コアインフレ率の予測も下方修正された。長期予測は1.7%から1.6%に修正された。

GDP伸び率の予測は、19年が1.2%から1.1%に、20年が1.3%から1.0%に下方修正された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below