July 11, 2019 / 10:57 AM / 7 days ago

ECB、市場の悲観論をうのみにすべきではない=クーレ専務理事

[フランクフルト 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は、ユーロ圏の債券価格に織り込まれた低インフレ予想をうのみにしてはならないと述べ、他の指標には先行きへの自信がうかがえると指摘した。

専務理事は講義で「政策当局は金融市場のシグナルを決して無視すべきではないが、あまり注視しすぎてはならない」と発言。

「今日の債券市場に織り込まれている悲観論は、必ずしも明日の物価下振れ圧力の予兆ではない可能性がある。少なくとも程度が異なる可能性がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below