October 5, 2018 / 4:48 PM / 2 months ago

ECB副総裁、財政規律の重要性強調 イタリアを暗にけん制

[マドリード 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は5日、ユーロ圏の債務国は財政規律を守るとともに、危機に備えて資金を蓄える必要があるとの考えを示した。名指しこそしなかったものの、イタリアの財政赤字拡大を暗にけん制した格好だ。

副総裁は講演で「各国当局とも、将来の下降に備えた政策余地の確保に向け、財政バッファーの積み上げが優先課題となる。これはとりわけ高債務国にとって大切であり、それゆえ(域内の財政規律である)安定成長協定の順守が極めて重要になる」と語った。域内共通の危機対応基金については、早期に決着すると楽観視しているとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below