June 6, 2019 / 3:45 PM / 2 months ago

イタリア、債務削減に向けた確かな中期計画が必要=ECB総裁

[ビリニュス 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は6日、イタリアには中期的に公共債務を削減する確かな計画が必要と述べた。さらに、同国政府内から債務支払い支援に向け提案された小額の債券「ミニBOT(短期財務証券)」発行の可能性については懐疑的な見方を示した。

ドラギ総裁はECB理事会後の記者会見で「イタリア政府は、対国内総生産(GDP)比での債務削減に向けた中期計画を策定することになるだろう」と語った。

その上で「急ピッチでの削減が求められるとは思わない」とし、「中期的な計画、しかし、確かな計画とすべき」と述べた。どのように策定され、行動が伴うかどうかで、計画の信頼性が判断されるとも指摘した。

欧州委員会は前日、拡大するイタリアの債務について欧州連合(EU)の財政規則違反と判断し、是正手続き開始を勧告した。

ミニBOTについては、ドラギ総裁は、違法な通貨もしくは債務拡大を招くようなもので、「ポジティブではない」とし、発行の可能性を否定した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below